SAMPLE LOGO

金が

くした

毎月一定額を貯金するようにしています。でも、心のどこかで貯金をしている、貯金がある、という気持ちが出てきて以前は衝動的に買い物してしまったりしました。今はその失敗を教訓に、もう絶対おろせない、貯金専用の口座を作りました。その方法とは単純なんですが、キャッシュカードを作りませんでした。日中は仕事をしているので、おろしたくなっても銀行へ行くことが基本できません。入金のみ通帳でします。おろしたくなってもおろせないんですよね。これでコツコツ順調にたまっています。銀行に行くのは月2回程度にしてあまり頻繁に行かない様にする事です。

少しずつお金を引き出すよりも一回で必要な額を引き出す様にしています。私の場合は初めに毎月の給料などの収入4分の一を貯金に回して、後の残りでやりくりするようにしています。具体的な金額ではなくて4分の一というのがお金がたまるコツで、これは余裕がある時でも必ず同じようにしています。あとホントに小さいことですが月末に普段使っている財布に残っているお金(小銭)を全部出して銀行に入れることです千円単位でも年間にしたら結構たまりました。

続けるのが大切なのであまりかつかつに無理をしないという事が大事です。買い物から帰る度に小銭(10円以下)を貯金箱へ入れています。そして1週間ごとに50円・100円・500円玉を別の貯金箱へ入れるようにしています。前者の小銭貯金は年間にすると大体2000円くらい貯まります。また後者の場合は時間はかかりましたが、先日10万円貯める事ができました。人生初のコツコツ貯金の成功でした。その時は達成感でいっぱいでした。成功の秘訣はやはり「〇万円貯まる」と書かれた貯金箱を買った事と目標の金額が貯まるまで開けられないモノにしたことだと思います。

節約のため、家では白米しか食べない、賄いで、おかずは食べるがバイト休みの日は、基本的にどっかに出掛け、試食して、一日を過ごす。交通費節約のため、徒歩で行ける所は歩く。私は500円玉貯金、1円玉貯金、5円玉貯金をしています。500円玉貯金をしている方は多いかもしれません。1円玉と5円玉貯金もなかなか侮れません!お財布の中の1円玉と5円玉を貯金箱に入れるだけです。(500円玉貯金も同様です)大体1年で1円玉と5円玉を合わせて1000円程度は貯金できます。

貯金箱いっぱいになった1円玉と5円玉を見て、「塵も積もれば山となる」とはまさにこのこと!と実感します。1円玉と5円玉をお財布から出しても、お金が減った感はあまりしないので、「お金がない」と感じずに済みます。誰でも手軽に始められる貯金法で、オススメです。まず貯蓄に回す分を確保して、それから1カ月の予算を組みます。月によって出ていく額が大きく違うので、予算を組むことはすごく大事です。予算内でやりくりすることが貯金につながりますし、生活にゆとりももたらしてくれます。

月に1万円でもいいのでこつこつ貯金していくことが大事だと思います。また、予算内でお金が余ったら、それはこっそり私が管理して貯金しています。毎月千円、二千円の世界ですが、塵も積もれば山となるで、これで家族旅行に行ったりしています。貯金する時のマイルールは、①毎月2万円以上は貯金する貯金額を決めておくと、1年でどのくらい貯まるのかが明確になり、そのペースから貯金額を上げた方がいいのかなども判断できます。②貯金用口座からは絶対に引き落とさない貯金したのはいいけれど、また引き落としては全く貯まらないので、鉄の掟にしています。③お給料日にそれぞれお金を振り分ける。その時に予め貯金用のお金も振り分けておく。最初に振り分けていれば、残ったお金を貯金するより安定して貯金できるからです。④財布の小銭はすぐに貯金箱へ入れる。これが案外貯まるので、貯金用とは別に旅行用の貯金にできています。こうすることで、旅行に行きたい時に我慢せず、貯金も崩さなくていいので一石二鳥です♪

個人的な貯金としては、会社の財形という形で月10万を財形口座に貯金しており、自分の娯楽費で使える毎月のお金に制限がかけられるようにしている。自分の娯楽費に対しても、あらかじめその月で使うお金を事前に設定して、その分を毎月指定日に口座から引き落として、家の引き出しにしまって管理しておく。そうすることで、その月にどれだけ使ったかも把握しやすいし、オーバーした際は次の月への反省として生かすこともできる。

買い物で会計をするときに、お釣りに500円玉が含まれるようにお金を出します。500円が手に入ったら、早速10万円が貯まる貯金箱に入れていきます。貯金箱は、部屋の雰囲気にもしっくり馴染み、なおかつ、その都度開けて中身を確認できる箱を選びました。これを繰り返していって、貯金箱の中が10万円になるまで、500円玉を集めていきます。10万円まで貯まり、銀行で両替するときに、ものすごい量の500円玉を見ると、感動と同時に達成感、喜びがあります。

うちは東京都の八王子なのですが、先日13年間買っていたペットが亡くなりました。ビンボーなうちのご飯で申し訳なかったのですが、元気に13年間生きてくれました。ペット火葬 東京に問い合わせて火葬してもらいました。ペットがいなくなると、お金が貯まります。ペットのために使っていたお金をそのまま貯金に回すことができるので、ペットが亡くなったことは悲しいですが、貯金をして自分を癒したいと思います。

貯金の工夫は節約をしている人が多いと思いますが、大体食費の見直しをするのが一番簡単だと思います。私の場合は食費は週1の買い出しのみで、肉などはブロックで買い、家で小分けにして使わない分は冷凍保存します。野菜類は痛むのが早いので、もしかしたら足りないかもと思うぐらいしか買わず、使い切るまで買いません。外食ももちろんなるべくいかない。子供と出かける時は、ちょっとしたお弁当を作っていけば十分だと思います。次に消耗品で、使うのが常識だと思っているものを見直して買わないことです。柔軟剤やリンス、コンディショナーなどは、なくても困るものではなく、実際私は使っていませんが快適に過ごせています。あとなんとか専用の洗剤など使い分ける必要なく、トイレ、お風呂、食器の洗剤は、リッターで売ってる食器洗剤だけでまかなえます。ちょっとした細かいことですが、年間を通せば大きい金額になるので買い物見直しがコツコツ貯金の近道かと思います。ポイントを貯めることが好きなのであらゆるポイントを貯めています。ポイントカードのポイント、クレジットカードのポイント、モニターで貯めたポイント。それらは旅行貯金していてポイントを旅行券に交換し、3年ほどで6万円分貯まりました。

あとは先取り貯金が良いと思います。給料が入ったらいくらは貯金にまわすと決めて引いてないものと思えば使わないで済みます。給付金、児童手当などは一切あてにせず全部貯金にまわすとかなり貯まります。王道の500円玉貯金をしています。工夫と言えるかは分かりませんが、続けることが大事だと思うので無理をしないようにしています。なので、無理に500円玉を作るように支払いをしたりはしません。あくまでも偶然500円玉が手に入ったときだけ貯金するようにしています。また、中身の見えない壊さなければ取り出せない貯金箱にしているので、入れてしまえばあきらめもつきますし、少しずつ重さが変化してくるので貯めるわくわく感が何とも言えません。

10円玉貯金をしています。あえて貯金する箱や入れ物を自分の嫌いな物やキャラクターなどにしたりして早く貯めて入れ物を捨てようという気持ちにすることが、早くかつ確実に貯金できると思います。買い物をする時にできるだけお札を使い、その日にできた10円を貯金箱に入れることで早く貯まります。その箱か容器がいっぱいになれば、銀行に預金として預けて直ぐにその嫌な容器を捨てて新たに自分の嫌いな箱を作るの繰り返しで貯めています。

私はコツコツと小銭貯金をしています。お財布は、小銭があまり入らないタイプのものを使用して、買い物で小銭が出たら、財布の中から、家に置いてある貯金箱にその都度入れるようにしています。始めは、ただ小銭でパンパンになっている財布が嫌で始めましたが、それを続けていくうちに、小銭で貯金箱がいっぱいになり、試しに数えてみると結構な額になっていました。

塵も積もれば山となるとは、まさにこのことだと思い、コツコツと小銭が集まったら貯金箱に入れて、貯金しています。1か月分の生活費を、10日間ずつに分けて管理しています。食費や雑費などの1か月分の予算を振り分け、その予算内に収まるようにしていきます。財布の中に小さなメモを挟み、それぞれの予算の残高を確認できるようにしています。そうすれば、買いすぎることや我慢しすぎることなく予算を上手にやりくりすることができます。

余ったらその月の間は繰り越し、それでも余ったら別袋に移して少し値の張るものを購入する際の資金として積み立てます。やはり貯金箱にどんどん現金を貯めていくことでお金を貯めています。500円玉貯金を始めましたが、それ以降、なるべくお札を出して、500円をおつりでもらうように考えるようになりました。そして500円玉をなるべく作るようにして家に帰ったら500円玉だけを貯金箱にいれて貯金をします。何ヶ月か経つと貯金箱が重くなり、ぱんぱんになる前に郵便局へ貯金しにいきましたが、約10万円貯まっていました。コツコツが実を結びます。

交通事故を起こしたときに、保険で何とかなりましたが、車両保険に入っていなかったため、自分の車は事故車 買取に出して売りました。二束三文でしたが、持っているだけでお金がかかってしまうので、税金とかね。その後は車には乗らず、貯金をコツコツしています。車を持たないという選択は大正解でした。車両税や燃料費なんかも不要です。通勤は自転車に変えました。いやー、はじめからこうしていたらよかった。それも事故の功名ってネ。

更新情報・お知らせ

2016/09/19
便利ツール「明日に向って」リリース。NEW
2015/03/01
日本ホームページ協会理事就任。
2006/06/19
サイト開設。